学生時代に千葉へ引っ越し

私はもともと地方で生まれで一般的に言う田舎に住んでいた。 幼い頃から田舎が嫌で仕方がなく、いつも都会に憧れていた。 高校卒業後の進学では絶対に都会の大学へいくと決めていた。 いざ受験をしてみると受かったのは千葉県の某大学であった。 はっきり言って千葉は関東にはあるが都会だとは思っていなかった。 ところが、東京のように華やかさは無いが、田舎育ちの私に取っては十分すぎる程都会であった。

引っ越しをする場所を決めるために千葉へ行ったとき、千葉には大きな街(駅)があった。 千葉、柏、松戸である。 それぞれ大学への距離はあまり変わらなかったが、柏は一番遠かったのではずした。 残る千葉と松戸では悩んだが、何となく千葉の方が安心感があったので千葉市への引っ越しを決めた。ソーウン

では、千葉市にも色々あるが、何処に引っ越しをしたかというと、蘇我である。 色々親と相談した結果、蘇我だと、電車が非常の便利である。

京葉線で東京に一本。千葉駅は2つ先の駅、内房、外房線が走っているので、千葉県だけでなく、東京へのアクセスも抜群である。 他の駅だと、電車の乗り換えが不便になる。 この理由から、引っ越し先は千葉の蘇我となった。 しかし、蘇我とはあまり聞き慣れたことがないかもしれないが、実は家賃が中々高いのだ。 親も引くに引けず結局蘇我に済むことを承諾してくれたが、 「必ずバイトはしてくれ」と懇願されて決まったことだ。

そうして千葉へと引っ越したのだが、引っ越し業者の人が蘇我の人でその人に色々と千葉県について、 そして蘇我について教えてもらった。 その人は医者の娘であった。 蘇我は医者が多く住む町だった。 今はその人と結婚をして幸せに暮らしています。

引越し現場でチームプレー

ほとんどが当日初対面の若いアルバイトだが、車に乗ってゆらりゆらりと揺られながら引越し現場に到着する。 どうやら今日の引越しは、事務所の引越し(通称、事務所移転)のようである。

広いフロアにオフィスデスクが何十台とおいてあり、椅子もおなじようにおいてある。グレーのタイプのよく見かけるオフィスデスク。これを一台ずつ2人でペアになって運びだしていくというもの。

オフィス階にはオフィス階組み、エレベーターにはエレベーター組みがおり、1階には1階組みがいる。 大きくこの3セクションでデスクを受け渡していくようになっている。搬出時はもっぱら出すということに専念し、 エレベータの壁や通路の壁、コーナーなどはあたらないように専用のシートが貼ってある。

搬出が済むと、次は新しいオフィスになる事務所にデスクを搬入していく。同じように3セクションほど分かれ、オフィス階へあげていく。 案外長くなることが多く、今日残業できる?など残業ありになることが頻繁にある。ある程度適量な引越しであれば、 運動になってよいのではないかと思う。

友人の新居購入と引越し

夫の会社の同僚で、結婚してから仲の良くなった夫婦がいます。 親友と呼べるような友達は年をとってからではなかなかできないものと思っていたので有難く思い、 楽しくお付き合いをしています。 友人夫婦は会社の寮に入っており、私達の家からは電車に乗って1時間程度かかります。

仲が良いので沢山行き来をしたいのですが子供がいるため頻繁な行き来は難しいです。 友人夫婦は当面は寮に住む予定でしたが、 暇だったので住宅展示場に遊びに行ったところ新居が欲しくなったということで家を買うことになりました。

私達夫婦は諸事情があり今住んでいるところを離れられないので、 できれば友人夫婦が近くに家を買ってくれることを密かに希望していました。 友人夫婦も私達の家の近くに住むことを検討はしてくれたようですが、 やはり実家との距離などを考えると、 それまでに住んでいる近くが好ましいということで寮の近くに家を購入しました。

友人の引越しの日は、私達は手伝いをしにお弁当を持参して行きました。 図面は予め見せてもらいましたが家を見るのは初めてでした。 とても素敵な一軒家でした。 車庫もあり、子供部屋もしっかり確保されていて理想の家だと思いました。 私達も新築に魅せられてモデルルームに見に行きたいと思い調べているところです。

隣の市に引っ越し検討

賃貸マンションを探したときに、隣りの市にある不動産業者を訪ねました。 たんなる通りがかりでしたが、店舗の前に置いてある物件情報が魅力に映ったためです。

なんとなくこうして相談をするのに、入店すると同時に契約もさせられてしまいそうですが、 聞いてみないとわからない部分があるため考えるより尋ねてしまおうという按配でした。結局のところ、その物件については、条件が芳しいものではなく、 翌日中に予約の入っている先着客がありました。

そしてそれと同様の賃貸物件を3、4軒ほど紹介してもらい、こっちのほうは礼金がかからないとか、 こっちのほうは契約期間不問で相談に乗れるといった、細かな条件を確認していきました。

そのなかで、条件として近いものがあったため、さっそく訪問してみることにしました。 といっても、一緒にいかずに住所だけ聞いて一人で下見しています。

民家の間にあるマンションでしたが、エントランスがあり、ドアもそこそこのものがついており、 外観としてはまだ住めるものでした。 引っ越しというのは、わがままになるとちょっと怖い気がします。 なんといっても毎月支払う家賃は高いため、あれこれと理想どおりに選んでられない気がします。